« 地域包括ケアシステム | トップページ | 鎌田先生と »

2015年12月11日 (金)

感情労働

介護現場で虐待はなぜ起こるのか?忙しい、イライラする、不満がたまる、腹が立つ、種々の理由を挙げられるけど、他の専門職で、自分の感情をお客さんにぶつけるものがあるだろうか?また、その知識と技術を用いて危害を加える職業があるのだろうか?
逆に、イライラしない、不満がたまらない職場なんてあるんだろうか?基本的に職場はブラックと思っていいんじゃないかな?公務員だって、それはあるし、医師にも看護師にも似た感情はある。でも、手出しはしない。
そういう意味で、やはり過酷な職業がCAだ。彼女らを対象としたのが、感情労働の研究。「感情労働とは、自らの感情をコントロールして、客の感情を良化させる」ものなんだ。感情的な職場や業務のことではない。
介護こそ、人の安心のため、互いのリスペクトのため、順法的であること、そういう基本的なことが求められると思うのだが。

« 地域包括ケアシステム | トップページ | 鎌田先生と »

福祉」カテゴリの記事

コメント

バレさん

返信が遅くなりました。僕自身も色々とあって、身辺がざわついていました。

さて、開業されるなら、それまでにしっかりと「自分の患者さん」を確保しておきましょう。それと、近隣のケアマネとのいい関係もなくさないようにしないといけないですね。

頑張ってください。

阿部ちゃん&タカノ先生の
芋づる式から社福に合格し4年たちました。
すっかりご無沙汰しています。

今もケアマネずっとやっておりますが、通勤も体力的にしんどくなってきたため、
自宅ないしは自宅近くのアパートを借りるかして、居宅介護支援事業所を立ち上げることを考えています。
ただ、起業自体が初めてのため、まごついている部分も多々ありますが、頑張らねば!と思う今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域包括ケアシステム | トップページ | 鎌田先生と »