« 2015年12月 | トップページ

2016年2月

2016年2月19日 (金)

虐待(殺人)

やっぱり、意識のある人間を投げ落とすという、最悪の殺人だった。どれほどの恐怖を感じたんだろうか、被害者たちは。被害者が4人だから死刑は免れないだろうけど、比べ物にならない恐怖だろう。だって、刑の執行を待つ人間は罪を犯しているのに、被害者は何も落ち度がないんだからね。川崎の「虐待」!
僕は顧問をやっていた企業で、職員教育をするときに、「この世に虐待なんていうものはない。すべて刑事犯罪なんだよ」と話してきた。行きつく先は川崎と同じ。罪の軽重はあるけど、叩く抓る、強く引く、閉じ込める、服を引っ張る、好きなものを与えないetc.すべて犯罪。
 
介護系の株式会社の管理者は素人が多いから、そういうニュアンスがわからない。だから、専門家の指導が必要なんだけどね。
やっと殺人で逮捕されたけど、氷山の一角じゃないと思う。あまたある虐待の一角が今回の殺人だと思ったら、それは間違いなんだ。「殺さない程度にやっている」のが実態だから、もっというと「目立つところにアザを作らないように」やってもいる。だから、虐待といわれるものはたちが悪い。だけど同僚は知っている。でも止められない。上に言えばもみ消される。悪循環のうちに、自分も手を出しそうになって、辞めていく。
さて、虐待にどう立ち向かうかで、その企業の質がわかるね。歴史と経験のある社会福祉法人やNPOはまだ大丈夫だけど!
 
 

2016年2月15日 (月)

虐待

なぜ?高齢者虐待が行われるのか?
お金をいただいて、生命をあずかる。そんな仕事場で、お客さんである高齢者を叩いたり、閉じ込めたり、好きなものを目の前に出して与えなかったり、脱臼寸前まで強く腕をひっぱったり、服をつかんで身動きを制限したり、咽喉が渇いたという人に水を与えなかったりetc.こういうのって、小学生のいじめと同じ内容だよね。
それを知った上層部が、対策を講ずるどころか、隠匿するっていうことが日常的に繰り返される。そういう世界がさらに広がるのか?それとも、パナソニックや日動等の超大手の参入によって、ダメなところは淘汰され、この介護の世界が浄化されるのか?
もちろん、ちゃんとしたことをやっている法人が沢山ある。僕はそういうところのアドバイザーとして、残りの職業人としての時間を使っていきたい。今年、前厄だから還暦だよもう。
現場の皆さん、どうですか?虐待を撲滅したいと思うでしょ!虐待撲滅運動を拡げていきましょう。本当に許せない。
 

鎌田先生と

今日、午後一から、帝国ホテルのロビーで鎌田先生とランデブー(ランデブーラウンジという名称だから)(笑)
地域包括ケアシステムをどこかでやろうぜ!お互いそれを実際にやってきた者として、日本中に広げる義務がある。そんな話をしてきた。
地域包括ケアシステム、言うは易く行うは難いけど、ちょっとしたことなんだよね。気合と勇気と思いやりだね。相互にリスペクトする関係性の中で産まれるもの。機械的仕組みづくりではないんだなぁ。
久々に気分のいい一日だったよ。

« 2015年12月 | トップページ